HOME > コロナウイルスへの宇部商工会議所の対応について(第2報)

コロナウイルスへの宇部商工会議所の対応について(第2報)

令和2年3月25日

宇部商工会議所 会員 各位

新型コロナウイルス感染症への対応について(第2報)

[宇部商工会議所の対応]

 新型コロナウイルスの感染症について、3月19日に政府の専門家会議から以下の「状況分析・提言」(https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000610566.pdf)が出されています。

●日本国内での感染は、引き続き持ちこたえているものの、一部の地域では感染拡大が見られる。

●今後感染源が分からない患者数が継続的に増加し、こうした地域が全国に拡大すれば、爆発的な感染拡大(オーバーシュート)を伴う大規模流行につながりかねない状況にある。

●オーバーシュートが起きると、諸外国でも見られるように、その地域では医療提供体制が崩壊状態に陥り、この感染症のみならず、通常であれば救済できる生命を救済できなくなる事態に至りかねない。

●ついては、市民や事業者の皆様に、最も感染拡大のリスクを高める環境(①換気の悪い密閉空間、②人が密集している、③近距離での会話や発声が行われる、という3つの条件が同時に重なった場)での行動を十分抑制していただくことが重要である。

 諸外国の状況を見ると、日本国内でオーバーシュートになる可能性は十分にあり、発症までタイムラグがあることから、気づいた時には対応が間に合わないという状況に陥ることも想定されます。

 今後の対応は長期戦を覚悟しなければならない中で、経済活動を行っていくことも重要であり、十分な対策を講じつつ、商工会議所活動を実施していく必要があります。

 当所では、上記専門家会議の提言を踏まえ、「3つの条件が同時に重なった場」での行動・事業実施を避けることを大前提として、4月30日(木)までの期間(予定)において、下記のとおり対応することといたしましたのでお知らせいたします。

 会員並びに関係機関におかれましては、ご理解とご協力を賜りますようお願いいたします。

 なお、感染状況等の変化に応じて、今後、対応を変更する可能性がございます。

1.事業実施の前提条件

以下、3つの条件が重なった場での行動・事業実施は避けることとします。

①換気の悪い密閉空間 ②人が密集している ③近距離での会話や発声が行われる

(この条件をクリアできる環境でのみ、事業を実施することとします)

【事業等実施にあたっての注意事項】

上記「3つの条件」をクリアするため、以下のとおり対応します。

 ①「換気の悪い密閉空間」⇒適宜、休憩時間を設け、会場内の換気を行います。

 ②「人が密集している」⇒出席人数を限定する(随行者の制限)など、会議規模の縮小を行います。

 ③「近距離での会話や発声が行われる」⇒会場のレイアウトについて、対面形式は避け、教室形式等で対応します。また、参加者同士の距離が取れるようにします。

2.当所主催の会議等について

(1)会議、セミナー、講演会等

  ①参加人数に関わらず、上記「前提条件」をクリアできない会議・セミナー・講演会等については、中止もしくは延期とします。

  ②議件以外の報告事項や講演の中止または延期など、会議時間の短縮や出席人数の限定による会議規模の縮小を検討します。

<開催の際の留意事項>①、②について徹底をお願いします。

  ①咳や熱など風邪の症状がある場合には、参加をご遠慮いただきます。

  ②会場での手消毒の徹底をお願いします(会場受付等には消毒液を設置)。

  ③参加者にはマスクの着用をお願いします。

④事務局係員はマスクを着用し、業務に従事します。

(2)懇親会・交流会(飲食を伴うもの)

  ・飲食を伴う懇親会・交流会の開催は、主催する組織の長(委員長、部会長等)と相談のうえ、原則として開催を控えます。

3.当所事務局の対応について

(1)出勤について

  ①事務局員本人が、当日37.5度以上の体温がある場合は、出勤を見合わせます。

  ②少しでも体調が良くないと感じた場合、出勤前に検温をするなど、体調管理を徹底します。

  ③事務局員の家族等で発熱等の風邪症状がある場合、必ず総務部に報告します。

(2)出張

  ①不要不急の出張は極力見合わせます。

  ②出張する場合は最小限の人数にとどめます。

(3)その他

  ①懇親会について

  ・プライベートを含め、極力控えます。

  ②海外への渡航について

  ・プライベートを含め、極力控えます。

  ③接客・打合せ(内部打合せ含む)について

  ⅰ)上記「前提条件」をクリアできない場での実施は不可とします。

  ⅱ)相手の了解を取った上で、極力電話、メール等を使用するなど、感染防止に努めます。

  ⅲ)少しでも体調の悪い事務局員は応対しないよう、部署内で調整します。

  ⅳ)マスクの着用、相手との距離を置くなどの対応を行うとともに、時間の短縮を心掛けます。

  ④会議室・応接ブースの利用について

  ⅰ)会議室を利用する場合、換気のため、可能な限り扉は開放状態にします。

  ⅱ)利用後は利用者が消毒液を使用して、消毒を行います。

   ※会議室、応接ブースに限らず、密閉された空間での会議、打合せ、作業等の際は、上記対応を徹底します。

  ⑤その他

  ・手洗い、手消毒の徹底、マスクの着用を含む咳エチケット等、個人での感染防止策に努めます。

 

【本件担当・問合せ】 宇部商工会議所 総務部 電話0836-31-0251 fax0836-22-3355